会社概要

 当社は、戦前の昭和10年に北海道浦河町で初代中井英策が水産加工業として創業しました。戦中戦後の動乱期を経て業務を休業していましたが、1978年(昭和53年)5月に、現会長の中井英光が現在地の伊達市南稀府町で事業を再開、1980年に本格発売した「キンキのいずし」が時の「一村一品運動」の先がけとして伊達市から推薦を受け、後にヒット、現在当社の主力商品となっています。

2007年には、我が国の水産加工品の全国審査会「第46回全国水産加工食べ物展」で大阪府知事賞を受賞しました。
また、創業以来取り組んでいる障害者雇用が評価され、2009年には北海道知事賞を受賞しました。

一方、商品開発面では、1992年に地元噴火湾産の昆布を成形して作ったおちょこ「昆布のぐい呑み」を発売、製法特許を取得、2009年には胆振管内豊浦町のホタテ漁業会社と協力して「炙りホタテのいずし」を発売、2011年秋には、幻の高級魚と言われて久しいマツカワかれいを使った「王鰈ずし」を発売するなど、地場産素材を活用した新しい飯寿しつくりに挑戦しています。
さらに、2012年春には、道の支援を受けて地元噴火湾産ホタテを使ったスナック菓子「スキャロップ(ホタテ)パイ」を開発、発売、水産加工業者が製造する新ジャンルのスナック食品に挑戦しています。

当社の経営理念(スローガン)は「北の食文化を伝えたい」です。当社が創業以来70年にわたって取り組んできた伝統食「いずし」という北国の伝統的食文化を全国に、そして世界に広めて行きたいと思っています。



社名 株式会社中井英策商店
所在地 〒059-0273
北海道伊達市南稀府町18-12
電話 0142-24-2934
FAX 0142-24-2522
代表取締役 及川昌弘
資本金 300万円
従業員数 12名



より大きな地図で 株式会社中井英策商店 を表示
FAXでの注文
Copyright(c) 2012-2017 いずし専門店 キンキのいずしの(株)中井英策商店OnlineShop All Rights Reserved.